つくりものでも

元気があれば何でもできるけど逆に元気がなかったら何にもできなくない?

すべてを超越したネギ

昨日の日記で「落ち込んだ」と書いたが、案の定寝て起きたらそんなことはすっかり忘れていて、朝から粛々と仕事をした。

お昼は同期とつけ麺。あまり食欲に自信がなく、小盛りにする。

「小盛りはトッピングがサービスです」

店員さんがリストを見せてくれる。海苔、メンマ、味玉……他にもいろいろ。
こう言う場合、多分味玉が一番お得感を感じられるのだが、いかんせん私は味玉が好きではない。ネギにした。そのせいで、未来永劫口の中がネギ。ネギ。ネギ。

麺が太く、小盛りすら食べきれない。
申し訳ないなと思いつつ麺を少しお残しさせて頂き、つゆの中のチャーシューだけはしっかり食べて出てきた。いついかなる時も肉が好きである。

やらなきゃいけないことは午前に全て片が付いていたので、午後はゆったりと好きなことをして過ごす。(オフィスで?)
この場合の好きなこととは、購読中のブログを読みに行ったり、Webマガジンを読んでほうほうと新たな知見を得たり、ネットショップでかわいいランプシェードを探したりすることを指す。

 

昨日の夜は、付き合っている人と少し文字で話した。要するにLINEでちょっとお互いに長い文を送り合ったということである。

私はいつも「最終的に自分を一番愛して甘やかせるのは自分だけだし、それを他人に期待しすぎるのはよくない」といった旨のことをだらだらと言う。
それに対し、あちらは「他人に期待しすぎるといつかしっぺ返しをくらう」と言う。こういう話がポンと通じるのはありがたい。

ところで、私は「彼氏」とか「彼女」とか「恋人」とか、そういう言葉があまり好きではない。好きではないというか、自分から使うのに何だか抵抗がある。
それは多分私が「男女の仲」を求めていないからだと思う。欲しいのは人生の戦友(「とも」とルビ)であり、この生きづらい此岸を生き抜くためのパートナーだからだ。

かと言って「相方」なんて言うつもりもないし、ならいっそ「アベック」はどうかと思うけど、それはそれで一周回ってかなりしゃらくさい。しゃらくさいのは駄目だ。

色々模索しつつ、最近は人に言うときは「お付き合いさせて頂いている人」、モノローグでは「あの人」といった具合に落ち着いている。
どうやっても別個の人間なのだしそれくらいの離れ具合でいいな、と思う。